玄関の吹き抜けの電球の位置が高すぎて取り替えが不便。

まず、見た目のイメージだけを考えて設計してしまったことが一番の失敗理由です。

玄関を三階まで吹き抜けにした結果、玄関の電気位置が高くなってしまった。

設計の段階では、まったく気にならず、設計士や業者の担当者からも特に指摘はありませんでした。

実際に、電動で電球の高さを調整することはできるように設計したので、住み始めた当初は、特に問題は無いように感じました。

子供達は、電気を三階の高さから一階まで動かして、遊んで楽しんでいましたので、いい遊び道具にもなっていました。

ただ、実際に電球を代えるとき、本当に面倒くさいです。

最近は電球をLEDに代えたので、交換することはなくなりましたが、わざわざこんなところに付けなくても良かったと後悔しています。

普段の掃除の際も、いちいちおろさないと拭き掃除ができないので、大変不便です。

下から(一階)は見えないのですが、三階まで上がると、電気の上に乗っかっているホコリが良く見えること。

その都度、一階まで降りて、電球を降ろして拭き掃除 、来客前に忘れていることもしばしばあるので、大変困っています。

もっと実用性を考えて設計すれば良かった、見た目だけを重視して設計してしまったことが失敗。

わざわざ吹き抜けにすることもなかったのではと後悔してます。

こちらもおすすめ⇒大網白里市 注文住宅